あせも・・・

2015年08月02日
このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまこんにちは y(◉ _ ◉)

連日厳しい暑さですね (´Д`;υ);;
出勤時や、自宅で洗濯物を干すとき、
宅急便を受け取る数分でさえ…
炎天下にたたずんでいると、
あっと言う間に汗だくになります。

直射日光が痛い気がする…

そこで、徒歩や自転車での外出時は、熱中症と日焼け防止に、
頭には帽子、腕にアームカバー、
首にはストール、顔にはサングラス…と、
不審者ばりの完全装備で過ごすこと数日、
なんと、首まわりに赤いブツブツが…!!!


ヘ(゚д゚)ノ エッ?あせも?


あせもといえば幼児・・・というイメージですが
この暑さで、毎日首にストールを巻いていると
大人でも「あせも」になるんですね。
予防のための装備が別のトラブルを生む羽目に。。。(´・ω・`)


あせもは「汗疹(かんしん)」という、皮膚の疾患。
私たちは、暑い時は汗をかいて体温調整をするわけですが
大量に汗をかくと、体の表面がふやけて毛穴をふさぎ、
汗が出る穴(汗管)を詰まらせてしまいます。

出口をなくしてしまった汗が体の中にたまって、
炎症を起こすのが「あせも」です。

通気性をよくし、清潔にしていれば
数日で治ることが多いそうですが、
かゆい!!とかきむしったり、
毎日毎日蒸れる環境下で過ごすと
雑菌が入りこみ化膿したり、広がってしまい痛みが出て、
病院に駆け込むことにもなりかねません。
「あせもができました」と、
通気性の良いTシャツ短パンで出勤するわけにもいきません。
あせもができたまま、体を覆う服装をさらに続けると
深刻な事態になってしまいます。


あせも


< あせもを予防するには >


 ★ 通気性の良い衣類を着る
 ★ 吸湿、速乾性に優れた下着などを着る
 ★ こまめに着替える
 ★ シャワーを浴びる
  ※頻繁過ぎても肌を傷めますので
   1日3回くらいまでにしましょう
 ★ 適度に保湿する


なるほど。
わかってはいるのですが…
こまめに着替えたり、シャワーを浴びたり、
仕事中や出先では難しいですよね。
真夏でもビシッとスーツの方々の
ワイシャツやベルトで締めつけた首元や腰回り…
ぴっちりとした制服に身を包んだ胸元や脇腹…
辛いですよね。

そこで、出先でできることを探してみることにしました!


< 出先でのあせも予防 >

保冷剤や冷えたペットボトルなどで
 首すじや手首を適度に冷やす

→わきの下や腿の付け根などを冷やすのも良いようですが
 出先では難しいので(^ω^;)
 動脈のある部分をうまく冷やして、血液の温度を下げましょう。
 頭を冷やせば、熱中症予防にも効果がありそうです。
 ※急激に冷やしすぎると、脳が「寒い!」と誤解して
  逆に汗が出たり、体がびっくりして負担がかかることも。
  適度に冷やしてくださいね。

汗をかいたら、水で拭く

→タオルやハンカチで、こすらず優し~く汗を押さえて拭いてから、
 炎症の原因にもなる皮膚の表面の汗や
 汚れを取り除くために「水」で拭きます。
 濡れタオルを持ち歩くと重いですし
 雑菌が繁殖して、何度も使うことができませんから
 不純物の少ない濡れティッシュや
 水で濡らしたコットンなどで体の汗を拭ってあげましょう。


思い切って下着を替えてしまう(?!)

→かなり大胆な案ですが、
 あせも対策に「全身着替え」が難しい以上、
 もっとも汗を吸った衣類だけでも!替えてしまうというのは
 いかがでしょうか?
 替えのワイシャツを持ち歩くよりはかさばりませんし、
 汗をかいた後に下着を取り替えたら、
 さらっと心地よいのは間違いないですよね。
 大汗かきさんや、実際にひどいあせもができてしまった時には、
 検討の余地はありそうです。


帰宅したら、すぐシャワー!

→熱いお風呂にじゃぼん!そのあとスイカ!ビール!
 至福のひと時…なのですが、
 あせも予防のために、まずは体の表面をきれいにしましょう。
 帰宅したら、すぐに「ぬるめのシャワー」を浴びて、
 体表の汗や汚れを落とすことで、かなりの予防になりそうです。


早速(^ω^)
私は「浸みわたる水素水」を活用♪

冷え冷えのアルミパックは、
手首を軽く冷やすのにちょうど良いですし
(凍っているときはタオルなどでくるんだ状態で体に当ててくださいね)
大きめのコットンに「浸みわたる水素水」すこーしたらし、
軽く絞って
首筋をふいたら、
すっきり、さっぱり、しっとり(≧▽≦)

使い捨ておしぼりなどにしみこませてもよさそうですね。
(ティッシュはダメでした(>_<)ボロボロになって体にくっつく。。。)

試した結果、炎天下だと、その場のヒンヤリ度は大きいのですが
すぐ次の汗が出てきてしまうので、
屋内や木陰でささっと首すじなどを拭いて、
風を通して体を乾かすのがよさそうですよ。

替えの下着は…
暑い日の外出には、替えのシャツを持ち歩くこともあるので
これ以上暑くなるなら、出先で下着の交換も辞さない覚悟ですが(^-^;
子どもがハンカチと間違えて取り出して、

「ぱんつー?」

などとやられたら…
ああ、想像するだけで違う汗が(´Д`;);;;;;
ちょっと悩んでしまいます。

夏の大汗も「あせも」も、嫌ですよね。
気象庁が発表している「異常天候早期警戒情報(※)」によると
全国的に「かなり暑い」日が、この先一週間以上続くそうです。

気象庁 異常天候早期警戒情報

気象庁 異常天候早期警戒情報より引用


 ※7日間平均気温が「かなり高い(あるいは低い)」確率が30%以上、
  または7日間の降雪量が「かなり多い」確率が30%以上と
  見込まれる場合に発表される警戒情報。

熱中症や日焼けは気にしても、
あせもの予防は二の次、な方も多いのでは?

汗そのものや匂いを抑える市販のシートやスプレーなど、
「制汗」効果に優れたものもたくさんありますので、
うまく活用したいものですが、
「あせも」に関していえば
薬剤や粉の入ったものを出先で何度も重ねて使うことで
余計に「毛穴を詰まらせ」て、悪化させてしまう危険もあるそうです。

市販のグッズにプラス、
「冷やす」「水で拭く」方式も上手に取り入れて、
上手にあせも予防も、してくださいね(^ν^)
もちろん、熱中症にも引き続き注意しましょう!


※あせもが実際にできてしまったら
 ひどくなる前に、薬局や医療機関にかかるなどして、
 適切なケアをしてください。




健康と医療 ブログランキングへ

便利でお得な毎月1回お届けコース

  • 初回は50%OFFの特別価格でさらにお得!
  • 毎月1回、決まった日に自宅まで配送してくれるので手間いらず!

毎月1回お届けコース(定期コース) 500ml × 30本 6,300円(税込)

『毎月1回お届けコース(定期コース)』を申し込む

Copyright ©浸みわたる水素水のアビストH&F All Rights Reserved.