「初回限定お試しセット」を申し込む

「浸みわたる水素水」はこうして作られる、こだわりの生産方法を大公開

日本名水百選熊本県菊池渓谷の天然水(阿蘇の伏流水)

菊池水源(菊池渓谷)は、「阿蘇くじゅう国立公園」に指定され、豊かな自然を残しています。特別天然記念物オオサンショウウオの生息も確認されており、水質の良さを証明しています。

菊池渓谷の伏流水は、四季を通じて水温14℃と冷たく、ミネラルバランスに優れていることから、口当たりがよく、まろやかでおいしい水です。
→菊池渓谷の紹介動画はこちら

「初回限定お試しセット」を申し込む

500ml毎月1回お届けコース

  • 毎月1回、決まった日に自宅まで配送してくれるので手間いらず!

初回50%OFF

『500ml毎月1回お届けコース(定期コース)』を申し込む

通常価格(12本入り)

6000円

通常価格(12本入り)はこちら

通常価格(30本入り)

12600円

通常価格(30本入り)はこちら

300ml毎月1回お届けコース

  • 300ml飲みきりサイズ♪
  • 毎月1回、自宅まで送料無料で配送してくれるので手間いらず!

7800円

300ml毎月1回お届けコース』を申し込む

※300ml商品は完全受注生産ではございませんが、製造から1ヶ月以内の商品をお届けしております。一ヶ月経過後(4週間)の溶存水素量は1.77ppm~1.87ppmを測定しておりますので、賞味期限内は安心して高濃度水素水をお飲みいただけます。
一ヶ月経過後の溶存水素量測定結果

300ml通常コース

11600円

通常価格(30本入り)はこちら

お電話でのご注文も承ります。フリーダイヤル:0120-913-816(年中無休 9時~21時)

よくあるご質問

「浸みわたる水素水」について

「浸みわたる水素水」とはどういう商品ですか?
水素水とは、圧力をかけて水素を溶かしこんだ水のことです。
「浸みわたる水素水」は、熊本県菊池のミネラルバランスに優れ、コクと深みのある美味しい天然水に、非常に小さな気泡をつくる『マイクロ・ナノバブル』製法で水素を溶かし込んだ、高濃度の水素水です。
「浸みわたる水素水」は美味しいのですか?
水素水のベースとなるお水がおいしく、また水素が高濃度で溶け込んでいるものが、良い水素水と言えます。
「浸みわたる水素水」は、日本名水百選にも選ばれた熊本県菊池の天然水(阿蘇の伏流水)を使用しており、「まれにみる美味しい天然の健康名水」との鑑定書をいただきました。普通のお水はそれほど多く飲めないが、「浸みわたる水素水」ならたくさん飲めるという声も多くいただいております。
「浸みわたる水素水」を試しに飲んでみたいのですが、お試し用の商品はありますか?
はい。「浸みわたる水素水」をお試ししたい、というお客様からの多数のリクエストを受け、「浸みわたる水素水 お試しセット」をご用意いたしました。
ぜひ「浸みわたる水素水 お試しセット」をお飲みいただき、その美味しさを実感してください。
「浸みわたる水素水」は、水素サーバーなどの他商品とは、何が違うのですか?
水素水商品には、水に水素を充填したものの他に、カプセルや粉末タイプ、水に直接水素を充填させるサーバーやピッチャータイプの商品があります。
その中で、弊社では「水素を逃がしにくい」4層のアルミパック容器に「高濃度の水素水」を充填し、「新鮮」「美味しい」という付加価値をつけ、「お求めやすく」高濃度の水素水をお飲みいただくことを心がけて商品を開発いたしました。そのため、粉末やカプセル、サーバーなどのタイプのお取り扱いはしておりません。それぞれに利点・欠点があるかと思いますので、ライフスタイルやお好みにあわせてお選びいただくのが良いでしょう。
「浸みわたる水素水」は、なぜペットボトルタイプではないのですか?
水に水素が充填された「水素水商品」の種類には、大きく分けて「アルミパウチ」タイプ、「アルミ缶」タイプ、「ペットボトル」タイプがありますが、その中でも水素を容器内で長く保つものは「アルミパウチ」タイプと言われています。理由としては、アルミ素材は遮蔽性が高く、微小な水素分子を外部に逃しにくいのに対し、プラスチックボトルの原料であるポリエチレンテレフタラート分子は水素分子よりも大きいためです。
「浸みわたる水素水」に採用しているアルミパウチ容器は、柔らかく柔軟に形を変えることができるため、お飲み残しなどを保管する際に、簡単に内部の空気を押しだして、密閉状態になるべく近づけることができ、より水素の保管に適しているといえます。
「浸みわたる水素水」は、一度開封したらどれくらい持ちますか?
容器(アルミパウチ)本体を押して、中から空気を押し出し、飲み口のフチのギリギリのところでキャップを締めて保存した場合は、24時間経過しても開封時の90%程度の水素量を保つことができます。
なお、コップに移して2時間程度が経過しても、開封時の半分程度の水素量は残っておりますので、開栓後に、急いで飲みきる必要はありません。
「浸みわたる水素水」は、冷やした方が水素が抜けにくいのですか?
水素水は、常温~やや低めの温度のほうが、水素の放出は緩やかになります。
けれども、冬場や体が冷えている時に冷たい水素水を飲むよりも、ややぬるめの水素水を飲むほうが、お体には優しいと考えられます。
「浸みわたる水素水」は水素が大気に放出されにくいアルミパウチ容器で覆われていますので、湯煎しても水素が大きく抜けていくという心配はありません。温度も大切ですが、体調や気温などにあわせて、ご自身に最適な温度でお飲みいただくことが大切です。
「浸みわたる水素水」の酸化還元電位の値について
「酸化還元電位」の値は、水素濃度以外の要因で数値が大きく左右され、純粋な「溶存水素濃度」を示すものではないため、『浸みわたる水素水』は、酸化還元電位を計測値として採用しておりません。
他社製の水素水では、この「酸化還元電位」を測定・公表し、その値が大きくマイナスであることをもって水素が多く含まれている、としている商品もあります。
しかし、酸化還元電位の値が低い(マイナスである)ことと、水素の溶存濃度が高いことは、実はイコールではありません。
例を挙げると、「通常の水道水」を一般の浄水器に通しただけでも残留塩素を取り除かれ、その結果として酸化還元電位は200mv~300mvほど低くなります。
なお、酸化還元電位をマイナスにする物質は水素以外にも数多くあり、水中にカルシウムやナトリウムが多く含まれるほど、酸化還元電位もマイナスに傾きます。(水の中の「酸素の濃度」が少ないほど酸化還元電位が低下するため、測定時に水の溶存酸素濃度を意図的に低下させることで、「酸化還元電位」を意図的にマイナスにすることすら可能なのです。)
また一般的に、電気分解をして水素水を製造・生成するタイプの商品やサーバーは、この酸化還元電位が実際の溶存水素濃度にくらべてマイナスになる傾向があります。
このような理由から「浸みわたる水素水」は条件によって値が大きく変わる酸化還元電位値の測定はせず、外部機関にて純粋な「溶存水素濃度」のみ測定し、定期的に皆様に公開しております。
「浸みわたる水素水」には十分な水素が入っているのですか?
「浸みわたる水素水」には水素のチカラを実感できるとされる溶存水素量(水素濃度)0.8ppmをはるかに超える2.2~2.8ppmの水素を製造時に充填しています。常温圧での限界飽和量(水に水素が溶ける限界量)は1.6ppmですが、特殊技術によりこの限界飽和量を超える溶存水素量で製造しています。このように1.6ppmを超える溶存水素量の状態を過飽和と言いますが、過飽和の製品を作り出すことで、高濃度の水素水の保存性も高めています。→詳しくはコチラ

水素水の保存・保管方法や冷凍保存の方法について

冷蔵庫内や冷暗所での保存など、水素水の保管方法でおすすめのものは?
基本的に、冷蔵庫やなるべく日の当たらない冷暗所で保存・保管することをお勧めします。
「浸みわたる水素水」は、4層のアルミパック容器を採用しているため、もともと水素が抜けにくい商品ですが、例えば直射日光が当たるベランダなど寒暖差が大きい場所は、水素水の保管に向いているとは言えません。
なお、冷たい水素水をお好みの方は、冷蔵庫で保管しておけば、いつでも冷たい水素水をお楽しみ頂けます。「浸みわたる水素水」は、ケースの切り取り線にそって切り取った場合に、一般的な冷蔵庫にケースごと入るように作られているため、冷蔵庫で保管する際にも便利です。
水素水は、凍らせても大丈夫なのですか?
はい。水素水を凍らせることによって、水素の放出が早まることはありません。
なお、お出かけの際に市販のボトルに水素水を移し替えて持ち運んだ場合、水素の放出が早くなってしまいますので、お出かけ先で冷たい水素水をお飲み頂く場合には、「浸みわたる水素水」をそのまま凍らせての持参をお薦めいたします。
水素水を凍らせた場合、水素の放出の進行は抑えられますか?
容器を未開栓の状態で凍らせた場合、水素の放出の度合いは非常に緩やかになります。夏場などに外で冷たい水素水をお飲みになりたいような場合には、あらかじめ冷凍庫で凍らせておくのも良いでしょう。
なお「水」を凍らせた場合には体積が膨張いたしますが、「浸みわたる水素水」はアルミパウチ容器を採用しているため、そのまま凍らせても問題はありません。ただし、凍らせた容器の取り扱いには、十分ご注意ください。容器の端が鋭利になっていたり、通常より固くなっていますので、手の怪我や容器が破損する恐れがあります。なお、一度開封した水素水を凍らせることはお勧めいたしません。

浸みわたる水素水の飲み方・その他の利用方法について

水素水は、1日にどれくらい飲むと良いのですか?
1日に500mlを1本以上、毎日継続的にお飲みいただくことをおススメします。もちろん1日に2本飲んでも構いませんが、それよりも「継続的に」飲むことが重要です。
「浸みわたる水素水」は、いつでも解約可能な「500ml毎月1回お届けコース(定期コース)」をご用意しており、一回ご注文すれば毎月定期的に水素水をお届けいたしますので、ぜひご利用下さい。
水素水は2~3日に一度、まとめてたくさん飲んだ方が良いのですか?
水素水は、毎日継続してお飲みいただくことが大事です。
一度にたくさん飲んで、次の日には飲まない…という飲み方よりも、毎日お好きな時間に「浸みわたる水素水」を1パック、気分転換やリフレッシュの意味も兼ねてお飲みいただくことをお薦めいたします。
水素水は、毎日何時くらいに飲むのが良いのでしょうか?
いつでもお飲みいただけますが、最もおすすめなのは、体内の水分が失われて血液が濃くなっているといわれる、朝、寝起きのタイミングです。
一日の疲れを癒し、お体を整える意味で、お仕事終わりやお休み前などにお飲みになるのも効果的ですが、就寝前に水分を摂取するとお手洗いが近くなり睡眠を妨げるような場合は、お控えいただく方が良いでしょう。
激しい運動・お酒や喫煙の前後など、皆様のライフスタイルにあわせ、毎日続けてお飲み頂くことをおすすめします。
水素水は、冷やしたものよりも温かいほうが、身体に吸収されやすいのですか?
やや冷たい水分は、身体に吸収されやすいというメリットがあり、人肌程度に温かい水分は、身体にゆっくりと吸収されるために胃腸に負担が少ない、というメリットがあります。
年齢や体調、お好みにもよりますが、一般的には夏には冷たい水素水、冬には常温かやや湯煎した水素水をおすすめしております。
水素水を他の容器に移した場合、水素は抜けてしまうのですか?
アルミパック容器からそのままお召し上がりいただくことが一番ですが、高齢の方や療養中の方が、ベッドなどで横になった姿勢でアルミ容器から直接飲むことは、むせたり咳き込んでしまう場合もあるため、コップなどに注いでお飲みください。
なお、アルミ容器からコップなどに水素水を移すと、少しずつ水素の放出が始まりますが、泡立たないようにそっと優しくコップに注ぎ、すぐにお飲みいただく分には、気になる放出量ではありません。
水素水を別容器に移す場合は、その都度、飲みきる量だけを注ぐようにし、残った水素水については、容器から水素水があふれる程度に押し、内部の空気を抜いてから栓をして保管してください。
「水素水」を温めて飲んでも大丈夫ですか?
お鍋やポットに移して沸騰させると、水素が一気に抜けてしまいます。温める場合は、容器を未開封のままで湯煎してください。
人肌程度(36~37℃)であれば、水素の放散もある程度抑えられますので、冷たいお水が苦手な方にもオススメです。
「水素水」を、そのまま飲む以外の利用法はありますか?
お茶、コーヒー、ウィスキー、焼酎などの割り材としてもご利用いただけ、お客様からは、味がマイルドになって飲みやすくなった、との声も多くいただいております。
また、顔のパックや髪にスプレーするのもおすすめです。
コーヒーやお茶を入れるのに使ってもいいのでしょうか?
お酒と同様、コーヒーやお茶にご使用いただいても問題ございませんし、味が際立ち、より美味しくいただけます。
ただし、水素水はお鍋など別容器に移して加熱・沸騰すると、含まれる水素が大きく放出されて水素濃度が下がってしまいますので、未開栓のパック容器のままで湯煎して下さい。
なお、加熱し煮詰めないと煎じることができないようなお茶の場合には、水素水のご利用はおすすめできません。
お酒や乳酸菌飲料(カルピス等)で割って飲んでもいいのですか?
水素水をアルコールや乳酸菌飲料で割っても、成分が変質したりすることはございませんのでご安心ください。「浸みわたる水素水」を加えたことにより、味がまろやかになったという声も頂戴しておりますので、ぜひお試しください。
商品のアルミパックに、他の飲料や粉末のお茶などを入れて飲んでも大丈夫ですか?
商品パックに何かを入れるのはおやめください。
「浸みわたる水素水」の容器(飲み口)は、水素を逃しにくくすること、皆様のお口に合う形であることなどを最優先に、先の細い現在の形状となっています。そのため、粉末のお茶や液体などを入れるには不向きです。
また、本商品のアルミ容器は柔らかい素材ではありますが、必要以上に揉んだりすることで、角などが破損する危険もございますので、飲み口から他の液体や粉末を入れ、揉んだり混ぜたりすることはお控えください。また、中にお茶などを投入し、お飲み残しを容器ごと保管した場合、気づかないうちに商品が劣化して腐食する可能性もありますので、ご質問のような用途の場合には、コップなどに移してから、粉末や他の飲料などを混ぜてお飲みいただくようお願いいたします。
妊婦なのですが、妊娠中に水素水を飲んでも大丈夫でしょうか?
はい。大丈夫です。水素水は赤ちゃんやご高齢の方が飲んでも大丈夫ですし、もちろん妊娠中や、これから妊娠をお考えの方も、ぜひお飲み下さい。
妊娠中はストレスが溜まることも多いため、ストレス解消のためにちょっとお茶でも… という時もあると思います。妊娠中はなるべくカフェインを控えた方が良いと言われているため、カフェインレスコーヒーや、カフェインの入っていないハーブティーを入れる際などにも、ぜひ「浸みわたる水素水」ご利用下さいませ。
赤ちゃんのミルクや離乳食に使ってもいいでしょうか?
はい。一般的なお水と同じように、水素水をお使い下さい。粉ミルクを溶かす際には湯煎をし、ミルクが溶ける適温まで温めてからお使い下さい。その際には、せっかく溶け込んでいる水素が抜けてしまわないよう、温めすぎにご注意ください。
離乳食を作る際の水としてもお使いいただけますが、水素が抜けてしまうため、作り置きは出来ません。赤ちゃんには、できたての離乳食を食べさせてあげて下さい。
「水素水」は、お料理にも使えますか?
お米を炊いたり、煮込んだりする料理に使うと水素が抜けてしまうため、おすすめしません。特に、水素水を沸騰させた場合、せっかくの水素が抜けてしまうため、水素水はお料理には使用せず、お飲みいただくことを推奨します。なお、赤ちゃんのミルクを作ったり、ジュースに加えたり、という利用は可能ですので、ぜひお試し下さい。
ご飯を炊くのに使っても大丈夫でしょうか?
美味しくは炊けますが、水素は抜けてしまいます。
水素水は、人肌程度やコーヒー、紅茶を入れるくらいの温度であれば、すぐに水素が抜けることはありません。しかし、沸騰するほどの高温下では、すぐに水素が抜けてしまいます。ご飯を炊いている時のお釜の中は、お水が沸騰している状態であるため、せっかくの水素水から水素が抜けてしまいます。
もちろん「浸みわたる水素水」は「阿蘇の伏流水」を使用した、とても美味しいお水であるため、その意味では美味しいご飯が炊きあがると思いますが、せっかくですから炊飯には利用せず、水素がたっぷり含まれた水素水をそのままお飲みいただくことをお勧めします。
顔にスプレーしたり、肌に塗ってもいいのですか?
はい。お顔や肌に塗ることで、ノリが良くなった、などの声も頂戴しております。
お薦めの使用方法ですが、「浸みわたる水素水」をお飲みになった後、少しだけ残った水素水をコットンなどに含ませ、気になる部分に塗ってみて下さい。もちろん、顔やお肌にスプレーしても構いません。ただし、一度開封した水素水からは水素が少しずつ抜けてしまうため、その都度使い切ることをお勧めいたします。
湿らせて身体を拭く、お風呂に少し混ぜるなどしても良いのですか?
水素水をコットンなどに含ませてお顔やお体に使うことは、問題ございません。
また、水素水をお風呂のお湯に混ぜてもよいですか?というご質問を時々頂戴します。水素水は、入浴などでご利用いただくこともできますが、水素自体が大気に放出されやすいことや、お風呂のお湯(およそ200リットル前後)に対して、大量の「浸みわたる水素水」が必要になり、即入浴しなければならないため、コストパフォーマンス、用途の両面からおすすめいたしません。

水素水、その他のご質問

「浸みわたる水素水」を、犬や猫などのペットに飲ませても大丈夫ですか?
大丈夫です。ペットも大切なご家族ですので、ぜひ「浸みわたる水素水」を与えてください。
ただ、ペットは水を飲みたい時に飲む、ということが普通であるため、普段は普通のお水を用意し、ペットが飲み始めたことに気付いたら水素水と取り替える。または、普通のお水をご用意しつつ、水素水を入れた容器を隣に置き、なるべく頻繁に取り替える、など工夫してあげて下さい。
「浸みわたる水素水」を非常用に備蓄しても良いでしょうか?
水素水の賞味期限は、弊社にて水素を充填し、密封してから4ヶ月となっています。
水素水は、できたてをできるだけ早くお飲みいただくことが重要であるため、備蓄などはせずに、毎日継続してお飲みになることをおすすめします。
うがいに使うと風邪の予防などになりますか?
いいえ。うがいには使用せず、お飲み頂くことをお薦めします。
うがいに使用し、その水を吐き出して捨ててしまうのは、たくさんの水素を捨ててしまうことになります。まずは普通の水でうがいをして、水素水はそのあとにお飲みください。
水素水を飲み過ぎた場合、下痢をしたりしませんか?
水素水に含まれる水素は、多く摂取しても身体に不要な水素は体外に放出されますので水素水で下痢をすることはございません。
ただ、一度に大量の水分を摂った場合、人によっては一時的におなかが緩くなる可能性もゼロではございませんので、体調に合わせての摂取をおすすめいたします。もともと水分を摂りすぎると下痢をしやすい体質の方は、普段お飲みになる程度の量の水素水を、冷たい水が苦手な方は少し温めた水素水をお飲み下さい。
水素水を飲んではいけない状態や疾患はありますか?
代表的な例として、心不全、腎不全、人工透析、糖尿病、心筋梗塞などの疾患で治療中の場合、医師から水分摂取の制限を指示されていることがあります。そのような疾患をお持ちの場合、どの程度の水分を摂取しても良いかは、病状や年齢、また性別にもよるようです。
水素水に含まれる「水素」自体には基本的に問題はありませんが、水素水を「水分」として見た場合、上記やその他の疾患をお持ちで現在水分制限を受けている方、また他に気になる持病や疾患がある場合には、あらかじめ医師に相談し、水分制限の指示などがあれば、それに従ってお飲みになるようお願いいたします。
家族や友人と一緒に注文すると割引はありますか?

「ご紹介キャンペーン」という割引サービスを設けております。
既に「毎月1回お届けコース」をご購入されておりますお客様が、同じく「毎月1回お届けコース」をご家族やお友達にご紹介いただいた場合、ご紹介者様と、ご紹介を受けられた方の双方から商品の購入価格を割引させていただくサービスです。皆さまでご愛飲いただく際にはお得な内容になっておりますのでご検討ください。→詳しくはコチラ
※自社通販サイトのみの特典です。

継続して「浸みわたる水素水」を注文すると特典があると聞いたのですが?

「毎月1回お届けコース」を継続してご愛飲いただいているお客様に、定期的に「浸みわたる水素水」のふるさと熊本県菊池の特産品をプレゼントしています。→詳しくはコチラ
※自社通販サイトのみの特典です。

ご注文、お支払い方法、お届けや各種変更について

『初回限定 お試しセット』は、何回でも購入できますか?
誠に申し訳ありませんが、『初回限定 お試しセット』は、1家族様1回限りのご注文とさせていただいております。さらにご購入を希望される方には『500ml通常価格(12本入り・30本入り)、300ml通常価格(30本入り)』もしくは『500ml毎月1回お届けコース(定期コース)、300ml毎月1回お届けコース(定期コース)』をご用意しておりますので、そちらをご注文下さい。
お支払い方法を教えて下さい。
クレジットカード払い(1回払いのみ)と、代金引換払いの2種類の方法をご用意しています。
送料はいくらですか?
ご注文されるコースによって、送料が異なります。
・『500ml毎月1回お届けコース(定期コース)』・・・ 送料無料
・『500ml通常価格(12本入り・30本入り)』・・・送料無料
・『300ml毎月1回お届けコース(定期コース)』・・・ 送料無料
・『300ml通常価格(30本入り)』・・・送料無料
・『初回限定 お試しセット』・・・送料無料
代引き手数料はいくらですか?
ご注文されるコースによって、代引き手数料が異なります。
・『500ml毎月1回お届けコース』(定期コース)・・・無料
・『500ml通常価格(12本入り・30本入り)』・・・無料
・『300ml毎月1回お届けコース』(定期コース)・・・無料
・『300ml通常価格(30本入り)』・・・無料
・『初回限定 お試しセット』・・・324円(税込)
領収書の発行はできますか?
商品に領収書は同梱しておりません。領収書が必要な方はお手数ですが
TEL:0120-913-816(平日9:00~17:00)までご連絡いただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。
「浸みわたる水素水」は、注文してからどのくらいで届きますか?
商品は熊本県菊池より、採れたての天然水に水素を入れた状態で、ご注文後、原則3営業日以内に発送させていただきます。
配送の目安は、地域によって異なりますので、詳しくはお買い物ガイド「お届け日」をご確認ください。
海外への発送はできますか?
海外発送につきましては行っておりません。発送先は日本国内のみとなっております。
お届け先を変更するには?
ホームページ上のマイページもしくはお電話 0120-913-816(平日9時~17時)にて変更可能です。
ログイン後、左メニュー部分の「お届け先住所」をクリックすると編集画面が開きますので、ご希望のお届け先に変更して下さい。
マイページやお電話にて各種変更手続きを行う場合、お客様に指定いただいたお届け希望日の14日前までの手続きが必要となります。
お届け希望日の14日以内に入られているお客様は、発送の準備に入っているため手続きできません。恐れ入りますが、改めて次回のお届け希望日の14日前までにお手続きをいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
詳しくはお買い物ガイド「各種変更手続き」をご確認ください。
注文した「水素水」が届きません。
インターネットからご注文のお客様には、ご注文完了後に自動確認メールをお送りしていますが、メールが届いていない場合、ご注文手続きが完了していなかった可能性がありますので、お手数ですが
0120-913-816(平日9時~17時)までご連絡いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
なお、商品の発送が完了した時点で、お客様にメールにて送り状番号をご案内しております。
ヤマト運輸のホームページにて、メール本文内に記載している送り状番号(追跡番号)を入力すると、現在の配送状況が確認できますので、ご利用ください。
ご注文後のキャンセル(ご注文確定後の取り消し)について
ご注文完了後のお客様ご都合によるキャンセルは、原則的にお受けしておりません。
ご注文内容をよくご確認いただいた上でご注文下さいますよう、お願いいたします。
マイページとは何ですか?
インターネットより『500ml毎月1回お届けコース』(定期コース)をご注文いただいたお客様には、お届け先の住所、電話番号、お届け日、お届け時間、お支払い方法、数量等の変更ができるマイページをご用意しております。
商品ご注文時のお申込みフォームにて「マイページ用ID」と「マイページ用パスワード」の設定をお願いいたします。
マイページ用IDとマイページ用パスワードを忘れてしまいました。
マイページ用IDをお忘れの場合は、ご注文完了メールに「マイページ用ID」が記載されておりますので、ご確認ください。
マイページ用パスワードをお忘れの場合は、「パスワードをお忘れの方」から【マイページ用ID】と【注文時にご登録いただいたメールアドレス】をご入力の上、「パスワードを再発行する」ボタンを押してください。ご登録のメールアドレス宛に仮のパスワードが送られます。
現在申し込んでいる『500ml毎月1回お届けコース、300ml毎月1回お届けコース』(定期コース)の数量を変更するには?
ホームページ上のマイページもしくはお電話 0120-913-816(平日9時~17時)にて変更可能です。
ログイン後、左メニュー部分の「ご登録内容」をクリックすると編集画面が開きますので、ご希望の数量に変更して下さい。
マイページやお電話にて各種変更手続きを行う場合、お客様に指定いただいたお届け希望日の14日前までの手続きが必要となります。
お届け希望日の14日以内に入られているお客様は、発送の準備に入っているため手続きできません。恐れ入りますが、改めて次回のお届け希望日の14日前までにお手続きをいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
詳しくはお買い物ガイド「各種変更手続き」をご確認ください。
『500ml毎月1回お届けコース、300ml毎月1回お届けコース』(定期コース)のお届け日・お届け時間を変更できますか?
ホームページ上のマイページもしくはお電話 0120-913-816(平日9時~17時)にて変更可能です。
ログイン後、左メニュー部分の「お届け日・お届け時間」をクリックすると編集画面が開きますので、ご希望のお届け日、お届け時間に変更して下さい。
マイページやお電話にて各種変更手続きを行う場合、お客様に指定いただいたお届け希望日の14日前までの手続きが必要となります。
お届け希望日の14日以内に入られているお客様は、発送の準備に入っているため手続きできません。恐れ入りますが、改めて次回のお届け希望日の14日前までにお手続きをいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
詳しくはお買い物ガイド「各種変更手続き」をご確認ください。
『500ml毎月1回お届けコース、300ml毎月1回お届けコース』(定期コース)を一時休止、または解約したいのですが?
『500ml毎月1回お届けコース、300ml毎月1回お届けコース』(定期コース)を一時休止や解約される場合は、お手数ですがお電話 0120-913-816(平日9時~17時)までご連絡下さい。
マイページやお電話にて各種変更手続きを行う場合、お客様に指定いただいたお届け希望日の14日前までの手続きが必要となります。
お届け希望日の14日以内に入られているお客様は、発送の準備に入っているため手続きできません。恐れ入りますが、改めて次回のお届け希望日の14日前までにお手続きをいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
詳しくはお買い物ガイド「各種変更手続き」をご確認ください。
『500ml毎月1回お届けコース、300ml毎月1回お届けコース』(定期コース)を一時休止・解約した後、再開することはできますか?
注文フォームやマイページからは、再開のご依頼はできません。
お手数ですが、TEL:0120-913-816(平日9時~17時)までご連絡いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。