秋のたんぽぽ

2015年10月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さまこんにちは y(◉ _ ◉)
街の木々も、少しずつ色づいてきましたね。

たまに冷たい風を感じる日も増えて
木枯らしが吹くのももうすぐかな、と思ってしまいます。

木枯らし・・・とは、
「10月から11月の間に吹く風速8m/s以上の北風」のことなのだそうです。
風速・秒速8メートル、と規定されてしまうと
なんだか風情がない気もしますが、
体感としては、木々の葉っぱだけでなく、小枝もゆれたり、
今日は意外に風があるな…と感じるくらいが
およそ風速8m/s程度。
関東で最初の木枯らし(木枯らし1号)が吹くのは、
例年11月のはじめくらいのようですね。

字の通り「木をも枯らしてしまう」北風、
木枯らしが吹き始めると、色づいた葉も落ちていき、
木々も枯れて、本格的な冬の到来です。
今、木の上でゆらゆらと揺れて、
やがて落ちてくる緑・赤・黄色のコントラストを
楽しむのも、今頃から短い期間なのですね。

落ち葉
そんな中、
毎朝歩く道端に・・・



(*´ω`*) ?



秋のタンポポ



タンポポ・・・
10月も後半・・・こんな時期に、どうしてしまったのでしょう?
タンポポは、春先から夏場にかけてのもので
秋や冬には、枯れてしまっているか
葉っぱだけを地面にべたっと這わせて
冬を耐えて越えるものかと思っていましたが、
こんな時期にのんびり咲いているとは。
まさか、うっかり春夏を寝過ごしてしまったとか・・・?

もう秋だよ?寒くないの?と声をかけてみましたが
もちろん、知らん顔で咲いています(*´ω`*)


タンポポといえば、こんな昔話をご存知ですか?

——————————————————
むかしむかしのある春の日、
黄色に輝く髪を持った美しい少女に南風が恋をします。
少女を南風は毎日見つめて過ごしますが、
時が流れ、気づけば、
美しかった少女は白髪の老婆に変わっていました。
南風は、美しかった少女が老婆になってしまったことに
とてもショックを受け、大きなためいきをひとつ…

すると、老婆の白髪はためいきの風で空に舞い飛び、
老婆ごと、いなくなってしまいました・・・
——————————————————

そう、南風が恋をした美しい少女は「タンポポ」だったのですね。
綿毛は南風に乗り、空へと舞い上がり…
だから、タンポポには「別離」という
ちょっと切ない花言葉があるのだそうですよ。゚(゚´Д`゚)゚。


おそらくここでいう「南風」は、
春先から夏にかけて吹く「春の嵐」のことなのでしょうね。
木枯らし1号が毎年10月~11月に初めて吹く「8m/s以上の北風」であるのに対し、
春一番は毎年2~3月に初めて吹く「8m/s以上の南風」。
吹いてくる向きも、気温も違うからか、
北風のほうが、より厳しく強い風、というイメージでしたが
実はほぼ同じ強さなのですね(^.^)


道で見かけた遅咲きのタンポポは、
暖かい南風には乗りそびれましたが、
冷たい北風でも、乗ってどこかに飛んでいけるといいのですが・・・

けれども、見ていると
なんとなく、わくわくしてしまいます。
「春の花」というイメージが強いからでしょうか(^^;

もうしばらく、毎朝見かける道端に、
このままず~っといて欲しいような気もしてしまいます。
寒さ除けでもつくってあげようかしら・・・

落ち葉



健康と医療 ブログランキングへ

便利でお得な毎月1回お届けコース

  • 初回は50%OFFの特別価格でさらにお得!
  • 毎月1回、決まった日に自宅まで配送してくれるので手間いらず!

毎月1回お届けコース(定期コース) 500ml × 30本 6,300円(税込)

『毎月1回お届けコース(定期コース)』を申し込む

Copyright ©浸みわたる水素水のアビストH&F All Rights Reserved.