菖蒲とアヤメ

2015年06月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまこんにちは! y(◉ _ ◉)

梅雨ですね。
一度降り出すと、しとしとといつまでも降る雨に
「洗濯が・・・」などと思いつつも、
天井や窓を打つパタパタ、シトシト、という
雨音を聞いているとなんだか和みますよね。

先日、テレビを何気なくつけていたら
子供向けのアニメが流れてきました。
女の子たちが学校に行くシーンで、道端に咲く花に
「あ、菖蒲」という子に対して
「あれはアヤメよ。菖蒲よりアヤメのほうが小さくって、
芯の色も違うのよ」と返して…
といった会話をしていました。

へぇ~と思いつつ見ていたのですが、
その映像に何となく違和感が。
菖蒲やアヤメは泥地というか、
湿地に咲く印象だったのですが
普段歩くような道端に咲くものだったでしょうか???

花好きの母に聞いてみます。

「アヤメは湿気ていない道端や空き地とか山とか…
菖蒲は沼っぽところに咲くのよ。
中の模様が網目になっているほうが「アヤメ」よ」

なるほど。

「そういえば、アヤメ、
私が子どもの頃は道でよく見たけれど、
言われてみれば、このあたりでは咲いていないわねえ」
とも言っていました。

なるほど、テレビで見た、
道端にアヤメが咲く図は、正しい風景なのですね。
私が子どもの頃住んでいた場所には、
近くに菖蒲が咲く公園があって、
小学生の頃は、毎年写生大会にでかけていました。
ですから、あの形の花と言えば必ず沼地に咲き、
菖蒲もアヤメも呼び方が違うだけで
実は同じものなんだろうな、程度に思い込んでいました。

そして母の次の言葉にびっくりです

「菖蒲でも、よく見る紫色の花、あれは「花菖蒲」
子どもの日にお風呂に入れる葉っぱだけの植物が「菖蒲」
違う種類だよ?」


━━(;゚Д゚)━━えっ!!


お風呂に入れるアレと、
菖蒲の花と一緒に生えているアレは
全く違う植物なの?!

同じく小学生の頃に、
菖蒲の公園で、落ちていた葉を数本拾ってきて
自宅で「菖蒲湯ごっご♪」をした記憶があるのですが
あれは厳密には「菖蒲湯」ではなかったんですね…

アヤメだけでなく、
菖蒲も最近見ていないね、ということで
子どもの頃行った公園とは違うのですが、
菖蒲園に行ってみました。
菖蒲
菖蒲

行った日はよく晴れていましたが
雨の日に来たら、また風情があって良さそうです(*´ω`*)


菖蒲やアヤメによく似たもので
カキツバタ、もありますね。
「いずれがアヤメかカキツバタ」とは、
どちらもよく似ていて、判断に悩むこと…ではなく
どちらもすぐれていて、選択に迷うこと、の
たとえなんだそうです。
ここも間違えて覚えていました(^-^;


カキツバタ…もまた、よく区別がつかない私ですが、
愛知県の「小堤西池」、
京都の「大田の沢」、鳥取県の「唐川湿原」が
日本三大カキツバタ自生地なんだそうです。

まだカキツバタや菖蒲は全国で楽しめそうですね。
「浸みわたる水素水」のふるさとである
熊本県菊池渓谷の周辺も、菖蒲が楽しめる
スポットがいくつもあるようです。
きっと熊本スタッフさん、見に行っているんだろうな~(^ν^)

菖蒲

しばしの梅雨、晴れ間の菖蒲もよし、雨の菖蒲もよし。
皆さまも菖蒲やカキツバタを楽しみに出かけませんか?


※最後にもうひとつびっくり
「アヤメ」は漢字で書くと「菖蒲」…なんですよ!



健康と医療 ブログランキングへ

便利でお得な毎月1回お届けコース

  • 初回は50%OFFの特別価格でさらにお得!
  • 毎月1回、決まった日に自宅まで配送してくれるので手間いらず!

毎月1回お届けコース(定期コース) 500ml × 30本 6,300円(税込)

『毎月1回お届けコース(定期コース)』を申し込む

Copyright ©浸みわたる水素水のアビストH&F All Rights Reserved.