水素水の容器

2014年02月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さま、こんにちは
昨日までの雨も上がり、今日は青空が広がっています。

今日は水素の容器についてお話いたします。
浸みわたる水素水」はアルミパウチの容器で皆さまにお届けしています。

水素水

なぜアルミパウチを使用しているのか?
それは、アルミパウチがとても機密性が高いからなんです

他の容器よりも最も水素の漏れが少なく、
時間が経過しても濃度の高い状態を保つことができます。

では他の容器ではどうなのか?

アルミ缶の場合、気密性は高いのですが、
製造段階で缶内に空気が残るので水素が漏れてしまいます。

ペットボトルなどのプラスチック容器の場合、
素材よりも水素分子のほうが小さいため、
水素は時間の経過とともに容器の外へ漏れてしまいます。
なので、水素の溶存を保つことはできません。

水素サーバーの場合、コップに移して飲むので、
移動や飲んでる間に空気中に水素が漏れやすいです。

だから「浸みわたる水素水」はアルミパウチなんです


健康と医療 ブログランキングへ

便利でお得な毎月1回お届けコース

  • 初回は50%OFFの特別価格でさらにお得!
  • 毎月1回、決まった日に自宅まで配送してくれるので手間いらず!

毎月1回お届けコース(定期コース) 500ml × 30本 6,300円(税込)

『毎月1回お届けコース(定期コース)』を申し込む

Copyright ©浸みわたる水素水のアビストH&F All Rights Reserved.