第二弾!水素に関する素朴な疑問

2014年07月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加
皆様こんにちは。
菊池は、気持ちの良い青空が広がっていますicon_user_056.gif


本日は、第二弾!水素に関する”素朴な疑問“についてお話致しますicon_user_093.gif
(急遽シリーズ化しました・・・icon_user_121.gif

第一弾では、「水素水って爆発するの?」という疑問についてお話致しましたが、
今回は、水素水業界でかならず目にするとある用語について特集致します(*´∇`*)

DSC_3336











Q.水素溶存量の数値の単位「ppm」って何?

A.ppmとは、
  「parts per million(パーツ・パー・ミリオン)」の頭文字をとったもの 


パーツ・パー・ミリオンとは、100万分のいくらであるかという割合を示す単位ですicon_user_105.gif
主に、濃度を表すために用いられますが、不良品発生率などの確率を表すこともあります。

水素の溶存量の数値につく「ppm」は、
水素がどれくらい含まれているのかを表す単位のことです(*´艸`*)

225156bee7dc616827c67c01a32666fd_s


(ex)
1ppm=1/1,000,000(0.0001)%
10,000ppm =1%


つまり、「浸みわたる水素水」の水素溶存量『製造時1.4ppm』は、
1.4×0.0001%=0.00014%の濃度の水素水となりますicon_user_067.gif

検査風景2


えっicon_user_016.gif少ない・・・Σ(・Д・ノ)ノと思われるかもしれませんが、
この数値は水素水の中では高濃度といえますicon_user_047.gif


結局水素溶存量はどの位あればいいのicon_user_131.gifと疑問に思う方も多いと思いますicon_user_071.gif

水素水のパイオニアである日本医科大学の太田教授の著書のなかでは、
0.8ppm以上の水素溶存量の水素水を飲むのが良いとされています。

_K4A6515






というわけで、水素に関する”素朴な疑問“シリーズ第二弾でした(*n´ω`n*)
他にも素朴な疑問があるicon_user_044.gifという方がいらっしゃったら是非こちらまでお寄せ下さいicon_user_104.gif
シリーズ第三弾になるかもしれませんicon_user_080.gif
お待ちしております(((o(*゚▽゚*)o)))






健康と医療 ブログランキングへ

便利でお得な毎月1回お届けコース

  • 初回は50%OFFの特別価格でさらにお得!
  • 毎月1回、決まった日に自宅まで配送してくれるので手間いらず!

毎月1回お届けコース(定期コース) 500ml × 30本 6,300円(税込)

『毎月1回お届けコース(定期コース)』を申し込む

Copyright ©浸みわたる水素水のアビストH&F All Rights Reserved.