読売新聞(神奈川県版)に広告を掲載いたしました!

2015年03月06日
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまこんにちは y(◉ _ ◉)

本日、3月6日の読売新聞(神奈川県版)に
再び「浸みわたる水素水」の広告を掲載いたしました!

新聞ってすごいんですね!
朝から多くの方から、ご注文はもとより
お問い合わせや「水素水」に関するご質問などなどを
いただき、大きな反響に嬉しい悲鳴をあげておりました。

読売新聞神奈川版

昨年末にも新聞広告を掲載し、ご紹介しましたので
今回もクイズ形式でご紹介してみますね★

今回は選択式ですよー

———————————————————————–
問題:私たちアビストH&Fは、水素の含有量だけでなく、
   水のおいしさにも徹底的にこだわっています。
   その理由は1~3のどれでしょう?

  1)水素はそのままでは苦みがあるから

  2)工場の近くをたまたま名水が流れていたから

  3)水素水は毎日飲むことが大切だから
———————————————————————–


わかりましたか?
では、ひとつひとつ検証してみましょう。


■水素はそのままでは苦みがあるから : 
× 不正解

1番を選んだ方、ブッブー。
残念ながら不正解です。

水素は、常温では無味無臭、色もない無色の気体ですから、
もちろん苦みはありません。
美味しい水にこだわっているのは
水素が不味いからではないんですよ!


では2番・・・
■工場の近くをたまたま名水が流れていたから : × 不正解

こちらも不正解。

「浸みわたる水素水」開発にあたっては
社長をはじめとする開発スタッフが美味しい水を探し求め、
全国を歩きまわり、選び抜いて決めた地が「熊本県菊池市」。

菊池には、日本名水100選にも選ばれた
「菊池渓谷」というとても美しい特別保護区があります。
私たちが「浸みわたる水素水」の原料にしているのは
その地下43メートル下からくみ上げた「阿蘇の伏流水」。

さらにさらに、その地で
なんと「5本!」もの井戸を掘り、
選びに選んだ「まれにみる美味しい天然水」が
「浸みわたる水素水」の原料となっているんですよ。
たまたま美味しい水が流れていたわけではないんです。



では正解は…
そう!3番の
■水素水は毎日飲むことが大切だから: ○正解!

読売新聞神奈川県版

———————————————————————–
水素水に、水素がたっぷり
入っているのは当たり前。

“おいしさ”にもこだわりませんか?

水素水は、毎日続けて飲むことが大事です。
そのため、高品質・高濃度の水素水であっても
美味しくなければいけないと、私たちは考えます。
———————————————————————–

これ!これなんです。

無味無臭で、味わって確認することが
できない「水素」だからこそ、
真摯に水素水づくりに取り組むことはもちろん、
お客様に継続してお飲みいただき、
毎日「美味しいな」と感じていただくために
「どこよりも、美味しい水」であることが
絶対条件!と私たちは考えているんです。

「浸みわたる水素水」に使用している水は
ミネラルウォーターの研究機関である「名水バイオ研究所」から
「まれに見る美味しい天然の健康名水」と
お墨付きもいただいているくらい、
まろやかで滋味にあふれているんです。


新聞広告では、そのほかにも
水に溶かせる水素量の限界値に近い、
高濃度の水素をしっかり充填していることや、
厳しいチェック体制のもと、
基準に満たない商品は、一切出荷していないこと、
ご注文後に製造・直送する「完全受注生産方式」だから
常に新鮮・常に水素たっぷりであることなども、
わかりやすくご紹介しています。

神奈川県のみなさま!
今朝の読売新聞ですよ~
ぜひ、ご覧になってみてくださいね!

読売新聞神奈川版


健康と医療 ブログランキングへ

便利でお得な毎月1回お届けコース

  • 初回は50%OFFの特別価格でさらにお得!
  • 毎月1回、決まった日に自宅まで配送してくれるので手間いらず!

毎月1回お届けコース(定期コース) 500ml × 30本 6,300円(税込)

『毎月1回お届けコース(定期コース)』を申し込む

Copyright ©浸みわたる水素水のアビストH&F All Rights Reserved.